弁護士法人心斎橋パートナーズへようこそ

弁護士 神田孝・井嶋倫子

弁護士法人心斎橋パートナーズは、フランチャイズ等のチェーン・ビジネス、店舗経営に関する法務コンサルティングを行う弁護士事務所です。

わが国では1970年代初頭からフランチャイズ・チェーンが広まり、2015年度の日本国内の総店舗数(直営店と加盟店の合計)は26万922店舗、売上高は245945億円に達します(()日本フランチャイズチェーン協会統計資料)。このことからも、現在、チェーン・ビジネスは国民経済になくてはならないインフラとなっていることが分かります。

チェーン・ビジネスではチェーン本部を中心に多数の店舗を運営するため、その法律問題は、本部運営、店舗開発、店舗運営、労務管理、商標管理、営業秘密管理、企業提携など多岐に渡ります。

また、フランチャイズ・システムを利用して店舗展開する場合、フランチャイザー(チェーン本部)はチェーンを統一的かつ安定的に運営するための制度設計と管理体制を整える必要があります。

さらに、店舗営業は労働集約型のビジネスですので、労働問題に対する対策と対応が不可欠です。近年問題となっている未払い残業代・管理監督者等の労働時間問題、セクハラ、パワハラ等のハラスメント、メンタルヘルス等は店舗運営においても配慮が必要です。

当事務所では、このようなチェーンビジネスで想定されるあらゆる法律問題について、チェーン企業(フランチャイザー,使用者側)の立場からリーガルサービスをご提供します。

また、チェーン・ビジネスの法務コンサルティングは、各種専門家や業界団体と連携した「チームプレー」が必要とされます。 当事務所では、弁理士、会計士、税理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、中小企業診断士、業界団体等と連携し、チェーン企業が直面する様々な問題について総合的に対応できる体制を整えております。